top of page

華道×講談パフォーマンス

 先日、華道家 宮本理城と講談師一龍齋貞奈さんによる、華道と講談を融合させたパフォーマンスをご披露いたしました。伝統芸能である華道と講談が、どのように融合するのか、またどのような魅力が生まれるのか、とても興味深いパフォーマンスとなりました。


 パフォーマンスは、花々をテーマにした一龍齋貞奈さんの講談に合わせて行われました。理城が手際よく生けた花々について、一龍齋貞奈さんがその由来や意味を説明しながら講談を語ることで、より一層生け花の美しさや奥深さを感じることができます。


 また、一龍齋貞奈さんの語り口も、生け花の美しさを引き立てるように心地よく、聴き入ってしまいます。講談の世界に引き込まれるような、迫真の演技には、感動さえ覚えます。


 融合された芸能の相乗効果は素晴らしく、花々の美しさと講談の語り口が絶妙に調和したパフォーマンスは、観客に強い印象を残しました。また、華道と講談という、日本文化の異なる芸能が融合したことで、新たな魅力が生まれました。


 今後も様々なイベントでこのパフォーマンスをご披露していきたいと思います。









閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page